猫との暮らし

猫のしつけ方とは?テーブルに飛び上がってくる猫を叱る方法について

オッドアイの白猫

猫は、植木鉢を倒したり手に噛みついたりと、飼い主にとって困ったイタズラをしてきますよね?

なのでそれを防ぐにはしつけが必要なのですが、猫を犬と同じようにしつけても、それはあまり効果的ではありません。
ちょっとしたしつけ方のコツがあるのです。

なのでこの記事では猫の正しいしつけ方、そして猫がよくやりがちなテーブルの上に上がってきてしまうのを防ぐにはどうしたらいいのか等について解説していきたいと思います。

猫のしつけ方とは?

どのように猫をしつければ効果的かという事を理解する為には、まずは猫が、私達人間や犬等とは全く違う生態を持った生物であるという事に気づく必要があります。

なぜなら、生態の異なる生物に共通の方法でしつけるのは効率が悪く、生物の生態に沿ったしつけ方をした方が効率的である事は確かですが、そもそも猫と犬をペットとして一律に認識していたのでは、しつけ方を使い分けると言う発想も出てこないからです。

ヒトや犬は、集団の一員として生活する動物です。
集団で生きる動物は、集団に属する事で、身を守る事を始めとする多くのメリットを受けてきたので、その集団と意思の疎通を図る様々な術(すべ)も、しっかり本能として身につけています。

例えば犬をしつける場合、飼主と犬の間には主従関係が出来ているものですが、犬には、

「ボスの命令には従う」

という漠然とした心の姿勢が既に成立しています。

その為、例えば飼主が犬に「おすわり」を訓練したいと思った場合、犬のお尻を押さえて犬が座ればほうびを与え、犬が立ち上がったりすれば軽く叱って、再度お尻を押さえて座らせるという事を何度か繰り返せば、比較的容易に「おすわり」を覚えさせる事ができます。

一方の猫は、祖先である山猫の頃からずっと単独で狩りをして生きてきたので、身を守るのも自分だけであり、誰かに助けてもらうとか、誰かに従うといった事とは全く無縁の存在です。

その為、飼主が「おすわり」と言いながらお尻を押さえてきても、座るか座らないかは、猫の気持ちが決める事です。
お尻を押されたのでたまたま座ったのに、すぐに座るのを止めた場合、飼主に叱られたとしても、なぜ叱られたのか訳がわからず、ただ飼主が唐突に不快な事を仕掛けてきたとしか感じません。

このように、猫には「飼主に従う」という意識が全く無く、自分の行為と叱られた事を結びつける事もできないので、そもそも訓練が成立していない場合が殆どです。

そこで人間は、こうした犬と猫の訓練のし易さを比較して、猫は犬より頭が悪いと思い込む傾向があります。
でもそれが誤解に過ぎない事は明らかです。
犬と猫とでは、異なる進化の過程を辿ってきた事による思考の違いがあるだけなのです。

猫は本来、環境に順応する能力も高いし、生き延びる為に必要な事を記憶する能力も、犬よりも高いという実験結果が報告されているくらいです。

例えば、猫がキャリーバッグに入れられて、そのまま動物病院で注射をされるという経験を1回するだけで、1年後に飼主が戸棚からキャリーバッグをゴソゴソ取り出そうとしている間に、猫はどかへ逃げ去ってしまいます。

キャリーバッグに入れられると、注射をされる」というたった一度の経験から因果関係を学び取り、しかもその記憶を長期間保持し続け、キャリーバッグという危機が迫ると、その危機を避ける為に適切な行動がとれる(この場合は「逃げる」)ようになります。

つまり、猫に対するしつけや訓練は「命令して覚えさせる」のではなく、

何をすれば猫のメリットになるか?
何をすれば猫のデメリットになるか?

という事を猫に「悟らせる」のが、しつけであり訓練であるとの理解が必要なのです。

猫をしつける具体的な方法

猫に、お手おすわりをさせる事は可能でしょうか?

猫を飼った事のある人なら、一度は試してみたものの、犬と比べてその覚えの悪さに失望し、諦めてしまった記憶があるのではないでしょうか?

猫には、犬のように飼主に従う義務感のようなものは無いので、命令に従う気も無いし、罰の意味も殆ど理解しません。

しかし猫に、何らかの出来事とほうび(=猫にとって嬉しい事)とが関連している事を最初に覚えさせると、それを土台として、様々な訓練をし、猫をしつける事ができるようになります。

その時におススメの道具がクリッカーです。
ペットショップやアマゾンで500円程度で買えます。
クリッカーの中には金属の板が入っていて、ボタンを押すと、短くて鋭い「カチッ!」という音がします。
クリッカー音は単純明快で、人の「お手」とか「おすわり」といった言葉よりずっと猫には判りやすいのです。

具体的な方法として、まずはこのクリッカー音とほうびとを関連付けます。
ほうびには猫の大好きなキャットフードやおやつを使います。
猫のほうびは、1回分を数秒で食べられる量とし、何度与えても、すぐには満腹しない量である必要があります。

おやつにあまり関心を示さない猫の場合は、空腹時を選んでしつけるようにします。

最初は、クリッカー音をさせた直後にほうびをあげる事を繰り返します。

「カチッ」と音がしたら嬉しい事が起こる。

そう猫に認識させる事ができたら、そこから様々な訓練を組み立てていく事ができます。

Youtubeで「猫 クリッカー」で検索すると、具体的な訓練の手順等が判るのでおススメです。

教える時のコツとしては、猫が課題をこなしたら、その瞬間にクリッカーを鳴らし、更に間をおかず(2秒以内)にほうびを与える事です。

猫がした事と、クリッカー音とほうびの3つは、猫にもワンセットの事として認識できるようにしてあげる事が大切です。
それには「一貫性」を持たせ、忍耐強く繰返す事が大切です。
そして、猫にさせたい事を人間の頭の中で細分化し、一段づつ段階的に教えていきます。

訓練中には、猫に罰を一切与えない事をお忘れなく。
猫の楽しい気持ちをキープするのが、猫の訓練を成功させる秘訣になります。

猫にほうびとしてあげる餌は、普段の食事等では一切与えないようにして、しつけの時専用の特別なおやつにした方が効果的です。

テーブルに飛び上がってくる猫を叱る方法

猫がテーブルに飛び上がったり、陶器を並べた棚の上に乗ろうとした時など、猫の行為を制止したい時は、

「シッ!」

と、短くて鋭い声を出すと効果的です。

この音は、猫自身も威嚇する時等に使う猫語なので、猫にも飼主の意思が瞬時に伝わり、行為をストップできるのです。

こういう時も、体罰を与えたり、大声で怒鳴るような事をすれば、猫があなたに恐怖し、信頼を失うだけである事を忘れないで下さい。

もう一つ、猫の行為を制止したい時に有効な手段として、霧吹きによる水攻撃があります。

例えば猫がテーブルに飛び乗った瞬間に、顔に霧吹きで水を掛けるのです。
猫は水が嫌いなので、テーブルに乗る事と、水が顔にかかるという嫌な事を結びつけて覚え、テーブルに飛び上がらなくなります。
これも一種の罰ではありますが、猫を怖がらせるような心配が無いと同時に、猫には水が顔にかかるという嫌な記憶だけが残るので、行為の防止には役に立ちます。

しつけでは無理な事

ただ、猫の尿スプレーとか、家具への爪研ぎ等は、猫としては譲れない大切な事(本能に根ざしている事)なので「シッ!」とか霧吹き程度のしつけで止めさせる事はできません。
それぞれ、もっと本質的な部分からアプローチする必要があります。
関連記事:猫のスプレー行為とは?スプレーされた時の処理方法や防止対策等

猫の「お土産」を遠慮する方法

今でも猫の外出を許す飼い方をしている飼主も結構いるようですが、猫のお土産で困っている方も少なくありません。

猫は狩猟本能を持つ優秀なハンターなので、家で十分に食事を与えられていても、しばしば外で狩りをします。

猫の狩り

しかし、親猫から獲物の殺し方や食べ方を教わらずに育った猫は、狩った小動物をどうして良いか判らないまま、生きた状態で家に持ち帰ります。
スズメやネズミ、トカゲやヘビ、昆虫等が獲物ですが、出来れば持ち帰ってほしくはありませんね?

とは言え、猫の狩猟も本能ですから、叱っても怒ってもいけません。
どうしても止めさせたければ、完全室内飼育に切り替える事も考えられますが、既に狩りの楽しみを知ってしまっている猫には厳しいかも知れません。

そんな時におススメなのが、鈴の付いた首輪をさせる事です。
猫には少し可愛そうな気もしますが、狩猟の成功率をかなり下げる事ができます。
この手を使った場合は、猫の狩猟失敗のストレスを、猫と家の中で沢山遊んであげる事で相殺してあげて下さい。

まとめ

猫をしつけるなら、猫と犬の思考の違いについて理解してから始める事が大切です。
猫に命令したり、アメとムチで訓練しようとしても、うまくいきません。

猫をしつける時には、猫がどういった事をすれば猫にとって良い事が起こり、どういった事をすれば猫にとって嫌な事が起こるか、という事を経験的に学ばせ、猫自らで悟らせるという意識が必要になります。

また、猫の行為を制止したい場合は「シッ!」と、鋭く短い声を出して猫語を使う方法と、霧吹きを使う方法をご紹介しました。
こうして自分の行為がデメリットにしかならない事を教え、悟らせる事が有効なしつけとなります。
いかなる時も、猫を罰してはいけません。

猫のお土産問題についても、解決案をご紹介しました。
猫の楽しみを奪って少し可哀そうですが、その分、猫とのスキンシップを増やしてカバーしてあげて下さい。