猫との暮らし

猫の爪の生え方とは? 正しい爪の切り方を知ろう!

横たわって上を向くキジトラ猫

猫の鋭い爪は有名ですが、その生え方や構造までは、あまり知られていない傾向にあります。
でも、爪の事もちゃんと理解しておかないと、誤って猫に怪我をさせ、爪切りを大嫌いにさせてしまう場合があります。

この記事では、猫の爪の生え方や構造を解説すると共に、正しい爪の切り方についても解説してきます。
正しい爪の切り方をしてあげれば、猫も爪切りを過度に怖がる必要が無い事を覚えるので、楽に爪を切らせてくれるようになっていきます。

猫の爪ケアを楽にできるようになる為にも、ぜひ最後までお付き合い下さい。

猫の爪の生え方

猫の爪は、木に登る時等に爪に体重がかかっても割れたりしないよう、繊維が縦に入っています。
縦方向に引っ張られる力に対して、繊維も同じ方向に入る事で、強度が保たれる訳です。

ちなみに人間の爪は、指先を保護するのが主目的で、引っ張る力に対する強度は求められない事もあり、繊維は横方向に入っています。

また猫の爪は、鉛筆のキャップのような構造をしていて、爪が古くなると一番外側の爪がスッポリと抜けて、下から新しくて鋭い爪が現れてきます。
猫が「爪を研ぐ」と言いますが、包丁を研ぐのとは違い、古い爪の層を何かに引っ掛けて引き剥がし、その下に生えてきている新しくて鋭い爪を使えるようにしているのです。

猫の正しい爪の切り方

猫の爪を観察すると、外側は半透明ですが、根本の方には不透明な「」のような部分がある事が解ります。
この不透明な部分には神経や血管があるので、爪切りで傷つけると出血しますし、猫を痛がらせる事にもなりますので十分気をつけて下さい。

猫の爪切りは、深く切る必要はなく、先端の鋭利な部分を切り落とすのが目的ですので、神経や血管のある部分からはしっかり余裕のあるところ(少なくとも2ミリ程度は距離を空ける)を見極めて切るようにします。

既に書いた通り、猫の爪は縦に繊維が入っているので、切れ味の鈍った爪切りで切ろうとすると、爪を押しつぶす格好になって、猫の爪を縦方向に割ってしまう可能性があります。

人間の爪を切る場合は、爪の繊維と同方向に切るので、さほど爪切りの切れ味の鋭さが求められる事はありませんが、猫の場合は繊維の束を縦に切るので、なるべく良く切れる爪切りを選んであげて下さい。
切れ味が良いほど、猫の負担は軽くて済み、爪切りを嫌う理由が無くなります。

人用の爪切りでも、良く切れるものであれば猫にも使えますが、繊維を縦に一気に切る必要がある猫の爪切りは、できれば専用のものを選んであげると良いと思います。

猫の後ろ足の爪は切らなくて良い

猫の後ろ足は、猫も爪を研ぎません。
後ろ足の爪は、前足のものほど鋭く尖っている訳ではないので、前足ほど神経質に切る必要はありません。
でも伸びすぎて巻爪になってくると、肉球を傷つける場合があるので、状態によっては爪切りが必要になる事もあります。
前足の爪を切る時には、後足が巻爪になっていないかチェックしてあげましょう。

まとめ

猫の爪は、縦に繊維が入り、鉛筆キャップのように、何層も鞘状に重なって生えています。猫の爪研ぎ
猫が爪を研ぐと、先端が鋭くなりすぎて危険なので、その尖った部分だけを爪切りで切って下さい。
猫専用の、よく切れる爪切りを選んであげると、猫の負担も減り、爪切りをあまり嫌がらなくなります。

後ろ足の爪は、通常は切る必要はありませんが、伸びすぎて巻爪になってきていないかのチェックはしてあげて下さい。