犬との暮らし

犬が散歩で疲れやすくなった時に調べるべきポイントとは?

座っている柴犬

犬は散歩が大好きです。
だから、どんどん前に進もうとするものです。

ところが突然、散歩の途中で犬が立ち止まったり、座り込んでしまう事があります。
疲れてしまったのか、何か他に理由があるのか、判断がつかずに困る事はありませんか?

この記事では、あなたの愛犬が散歩で疲れやすくなったと感じた時に、調べてあげるべきポイントについて解説します。

犬が散歩の途中で立ち止まる理由

犬が散歩の途中で立ち止まったり、座り込んでしまったりと、疲れた様子をみせる事があります。
ただ疲れている場合もありますが、怪我や病気の可能性もあって心配です。
こういう時に、叩いたり、怒鳴ったりしてはいけません
それでは犬が怖がり、そのストレスが更なる異常行動を招きかねません。

犬が止まってしまう理由はいくつか考えられますので、以下の記事を参考にして頂いて、その時々の状況に合わせて判断して下さい。

まだ散歩に慣れていない

まだ犬が幼くて、外出や散歩に不慣れな為に、突然立ち止まってしまう事はよくあります。
散歩に不慣れな事が原因と考えられる場合には、やさしく抱っこして、そのまましばらく散歩してみましょう。
外の世界の音や臭いに慣れる事で、やがて自立した散歩もできるようになっていきます。

まずは「外の世界に慣れさせる」という事を考えてあげて下さい。

進行方向を変えてもらいたいサイン

飼主が進もうとしている先に、何か犬にとって怖いものや、嫌なものがあるのかも知れません。
リードを緩めて、犬が好きな方向に進めるようにしてあげれば、散歩を再開してくれる場合も少なくありません。

ただ、犬が嫌がる度に、犬に進行方向を決めさせていると、犬が飼主をリーダーと見なさなくなってしまう可能性があります。
一旦立ち止まっても、進む方向を変えるだけですぐに歩き出すようなら、犬の体調には問題が無いと考えられるので、飼主が毅然とした態度を示す必要がある事も忘れないで下さい。

犬が止まってしまったら、犬の目線近くまで一旦しゃがみ、話しかけたりして少し休んでから、

さあ◯◯◯、行こう!

と犬に声をかけて再出発して下さい。(◯◯◯は犬の名前)

怪我をしている、又は体調が悪い場合

リードを緩めても動こうとしない場合は、身体のどこかが痛いのかも知れません。

まずは全ての肉球を調べて、怪我している所が無いかチェックして下さい。
ガラス片や金属片等で怪我をするのはよくある事ですし、炎天下の散歩では、肉球を火傷してしまう場合もあります。

全ての肉球をよく見ても異常が見つからない場合は、それぞれを軽く指で押してみて、痛がるところが無いかチェックします。
目で見えないほど細い棘(とげ)が刺さっているのかも知れません。

それでも異常が見つからない場合は、それぞれの足をゆっくり曲げたり伸ばしたりして、痛がる所が無いかチェックします。
どこにも異常が見つからず、それでも歩き出さない場合は、抱っこして少し移動してから降ろしてあげます。

それで気分が変わって歩き出す場合もあります。

怪我等が見つからず、抱っこして移動してもやはり動こうとしない場合は、抱っこして家まで連れて帰り、半日くらい様子を見て下さい。
食欲や排便その他、普段と何か違う様子が見られたら、病気等の可能性もありますので、動物病院の受診をおススメします。

肥満

太りすぎた犬は、それだけで疲れやすくなるし、体重が負担となって痛みに発展する可能性も高くなります。

なので、少しでも太ると運動が嫌いになって、益々太るという悪循環に陥りがちです。
普段から、愛犬が適正体重の範囲内にあるかどうかをチェックし、早め早めの対策が大切です。

加齢で弱ってきている

犬も10歳くらいになると、人間にすれば還暦相当のシニア世代です。
(犬は大型になるほど、加齢のスピードが上がる傾向にあります。)
人間の6~7倍の速さで老化していくので、飼主はその状態を認識できている必要があります。

老化に伴って、散歩の距離や時間を縮めたり、歩くスピードを落としたりと、いろいろと調節してあげる必要があります。
老犬
街ではたまに、年老いた犬をリードで無理に引っ張りながら散歩させている飼主を見る事がありますが、飼主の神経を疑ってしまいます。

悲しい思い出

私がまだ中学生の頃も、毎日犬を散歩させていました。
走っても走っても疲れを知らない犬の能力が羨ましくて、私も頑張って走っていました。

ところがある日、あんなに元気だった犬が、途中で座り込んでしまいました。
なんだか悲しそうな顔に見えました。

その日は、そのまま歩いて帰り、なぜ座り込んだのかも考えないまま普段通りに餌を与えていました。
でも次の日も、やっぱり元気がありません。
いつもの半分も時間が経っていないのに、散歩を終える必要がありました。

そして更に数日経った時、犬が血尿を出している事に気が付きました。
動物病院での診断はフィラリア

蚊によって感染する寄生虫で、犬の心臓を破壊する恐ろしい病気です。
現代では、犬を飼うならフィラリアの予防(投薬)は当然の事ですが、当時の私はまだ子供だったので知らなかったし、私の両親はフィラリアの予防が一般に認知される前の世代だったので、気がついた時にはもう手遅れだったのです。

散歩が大好きな犬が、ある日を境に止まってしまう。

この記事を書く前には、まず真っ先にフィライリアの記憶が蘇ってきて辛かったのですが、予防注射の大切さにも気づいて頂ければと思って、最後まで書く事にしました。
狂犬病等の予防注射に加えて、フィラリアの予防も100%飼主の義務ですので、犬を飼うなら絶対にお忘れなく。

まとめ

散歩の途中で犬が止まってしまう理由には、様々なものがあります。
その典型的なものを記事中でご紹介しましたが、その理由が何であれ、散歩が大好きな犬が止まるからには、それなりの訳があるので、むやみに叱ったりするのは止めましょう。

そして、犬が止まった理由についてよく考え、犬にとって最善となる対策をとってあげて下さい。
犬も、そうした対応をしてくれるあなたをリーダーとして認め、相互の信頼関係が更に深まっていきます。