犬との暮らし

犬の拾い食いの直し方

ビーグル犬

犬の拾い食いは、犬にとって大変危険な行為です。
でも犬にとって拾い食いは、狩りと並んでとても自然な行為であり、ちょっと叱られたくらいでは止められません。

飼主としては訓練で拾い食いを止めさせたいとは思いますが、具体的に何から始めれば良いのか判らないまま、ついつい放置してしまっている方も少なくありません。

確かに比較的難しい訓練ではありますが、拾い食いを直す為の基本的な事柄を理解した上で、根気よく段階的に犬を訓練していけば、愛犬を拾い食いをしない状態にまでもっていく事可能です。
この記事では、犬の拾い食いの直し方について、詳しく解説していきます。

拾い食いは犬の本能である

犬は、人に飼われる前は野生動物でした。
自分で狩りをして獲物を捉えるのが本能であれば、野山を駆け回って食べられそうなものを見つけ次第、食べてしまうのも本能です。
犬にとっては拾い食いも、生き延びる為の自然な行為に過ぎません。

なので犬の拾い食いを直すのは、お手おすわりと比べると少々難度の高いしつけとなります。

でも以下で述べるように、犬にとって拾い食いは大変危険な行為ですので、まずあなたが愛犬の拾い食いを止めさせる事の必要性をしっかり認識し、愛犬の拾い食いを直す事を固く決意する必要があります。

あなたが決意したのなら、あなたが諦めてしまわない限り、必ず拾い食いは直せます
自信と根気の両方を持って、取組んでいきましょう。

拾い食いは犬の命にも関わる危険な行為

犬を散歩させるコースには、何が落ちているか判りません。

悪意ある人間が置いた毒入りのハンバーグかも知れないし、飲み込んだら内蔵に突き刺さる焼き鳥の串や、フライドチキンの骨かも知れません。
また、腐敗した残飯や動物の死骸の可能性もあるし、寄生虫等の病気を持った他の犬や猫等の糞かも知れません。

犬を散歩させている間、そうした物体が犬の前方に無いかどうかを常に監視し、犬を近づけないように守る事は飼主の義務ですが、犬の嗅覚は非常に鋭いし、そうした匂いに対する動きも俊敏なので、常に完璧に守りきれるとは限りません。

なので、犬にも拾い食いをしないようにしつける必要があるのですが、

(飼主がいても、いなくても)絶対に拾い食いしない」

というのは正直なところ、かなりハードルが高いです。
警察犬や盲導犬等のプロの犬に求められるレベルです。

でもしつけによって、道に落ちているものに対する犬の関心度を徐々に下げていき、仮に路上に食べたいものを見つけても、とりあえず飼主の目を見てお伺いを立てる習慣を持たせる事は、比較的容易であって十分実現可能だと思います。

このレベルに犬をもっていくだけでも、飼主が路上の不審物を犬に近づけないようにする習慣と足し合わせる事で、愛犬が拾い食いする危険を高い確率で回避できるようになります。

それでは、以下の解説をしっかりお読み頂き、着実に実践していって下さい。

拾い食いで良い思いをさせない

犬の心には、

「路上に何かウマそうなものが落ちていたら、すぐにでも食べてみたい」

という、原始的なだけに根深くて強い欲求があります。
飼主は、その思いを実現させないように普段から心掛ける事が、拾い食いを止めさせる為の基本姿勢となります。

実現させなければ、拾い食いしたいという犬の思いは、弱まる事はあっても強まる事はありません。
パチンコ中毒の人を、たった1週間パチンコから離れさせるだけでも、かなり症状が弱められるのと似ています。

逆に拾い食いを実現させてしまい、しかもそれが犬にとって味を占めるようなウマい出来事であればあるほど、拾い食いをしたいという欲求が強くなり、それを訓練で制御するのが困難になってしまいます。競馬等でたまに大穴を当てると、その快感が忘れられずに中毒になってしまうのと原理は同じです。

まずは、飼主が与えた食べ物以外は、犬の口に食べ物が一切入らないように、家の中も外も、しっかり点検してみて下さい。
リビングのテーブルに夕食の残りが放置されているとか、台所のゴミ箱の中に犬が漁れる残飯が残っているとか、犬小屋のそばのドッグフードの入れ物の口が開いたままになっているとか、そうした盗み食いのチャンスの芽は全て摘んでおきます

散歩のコースも、アスファルトやコンクリートで路面がしっかり見える所だけを歩くようにし、雑草や街路樹の茂みのように何が有るか見通せない所には犬を近づけないようにします。

もしも散歩のコースで、犬が何か見つけて食べてしまい、しかもそれを「ウマい!」と感じてしまったなら、その瞬間までずっと飼主が積み重ねてきた努力が全て水の泡となるだけでなく、犬の拾い食いに対する関心がグッと強化されてしまいますから油断大敵です。

犬の拾い食いを直すのは、まず拾い食いの機会を徹底して無くす事から始まります。

犬に引っぱられて散歩しているのであれば、犬のリードが伸び切らない状態を維持する訓練も強くおススメです。

参考記事:散歩で犬が飼主の先に行くのは駄目なのか?リーダーウォークのススメ

犬がリードを引っぱって歩く事を止めさせるだけでも、拾い食いの予防には大きな効果があります。

ここまでは、犬の拾い食いを直す訓練を始める準備です。
次からは、いよいよ段階的な訓練に入っていきます。

犬の拾い食いを直す訓練

犬の拾い食いを予防しつつ、段階的に拾い食いを直す訓練を始めていきます。
どの段階も、できてしまえば別にどうと言うほどでもない、簡単な事ばかりです。

ただ一つ難しい事があるとすれば、犬がすぐには覚えてくれないという事です。
何度でも、何十回でも、何百回でも、犬が覚えてくれるまで繰返して下さい。犬の散歩
それが犬の訓練なのです。当たり前の事なのです。

そうすれば、必ず犬も覚えてくれます。
犬の訓練に成功するか失敗するかは、偏(ひとえ)飼主の根気にかかっています。

拾い食いを直す訓練で使うもの

この訓練には、首輪と2m弱のリードが必要です。
ハーネス(胴輪)よりも首輪の方が、犬を制止する時など、飼主の意思を伝えやすいのです。
リードも、1.5~2mほどの長さがあれば十分です。
伸縮するリードは、この訓練に全く不向きです。

ご褒美のおやつも用意します。
普段与えているドッグフードよりは、犬が喜ぶ特別なおやつが望ましいです。
犬が喜ばなければ、ご褒美の意味がありません。

1回の訓練で何度も繰返し与えるので、1回分は少量(小指の先ほど)になります。
おやつを入れておくのはズボンのポケットも可ですが、ウェストポーチ等から選んでも良いと思います。
与えたおやつの量を覚えておいて、晩ごはんの量で1日のカロリーを調整します。

(訓練1)飼主と目を合わせたら、すぐご褒美

最初は気が散らない室内が良いですが、無理なら公園や安全な路上でも構いません。
手と首輪の距離を1m程度に保って、犬を自由に動かせます。

そして時々「ピッ」と軽くリードを引いて犬に信号を送ると同時に犬の名前を呼びます。
それに対して、犬があなたの方に振り向いて目を合わせたら、すかさずご褒美を与えます。
ご褒美を与えると同時に、手と言葉で褒めてあげる事も忘れないで下さい。

そしてまた犬を動かし、リードの信号と同時に名前を呼び、犬と目が合ったらご褒美を与え、褒める。
犬の集中力が続くのは10~15分程度と言われているので、10分くらい続けたら訓練を終了します。
午前と午後の2回ほど訓練すれば良いと思います。

犬がある程度覚えたら、リードの信号だけで振り向かせたり、名前を呼ぶだけで振り向かせいたりしてみて下さい。
勿論、目が合ったらすぐにご褒美を与え、褒めてあげます。

この訓練は「飼主に目を合わせたら、嬉しい事が起こる」という事を犬に覚えてもらうのが目的です。
今後の訓練の基本ですので、ある程度できるようになっても、シツコイくらい続けましょう。

(訓練2)何か物を見つけても、一旦は飼主を見る

室内でも、ちょっとした広場でも良いので、ドッグフードを何箇所か地面(床面)に置いてから、この訓練をスタートします。
手と首輪の距離を、やはり1m程度に保って、犬を動かします。

落ちているドッグフードに気づいて食べようと近づきますが、これを食べさせてはいけません。
ドッグフードに犬の口が届くよりかなり手前で、リードを引いて犬を制止します。

リードを引くのは、犬が止まれば十分なので、引張りすぎてショックを与えてはいけませんし、声で叱ってもいけません。
犬が驚いたり、怖がったりしてしまうからです。
訓練は常に、犬がリラックスした状態で行うのが効率的です。

犬が何度か地面の食べ物に近づこうとする度に制止されるので、犬は

「どうして?」

と言わんばかりに、飼主の方を見ます。
目が合ったら、すかさずご褒美を与え、褒めます。

そしてまた犬を動かし、地面の食べ物に口を近づけようとしたら制止し、犬が「どうして?」と振り向いたらご褒美を与え褒めます。
これを繰返します。

この訓練ができてくると、リードを引いていないのに、犬の方から自主的に地面の食べ物に向かうのを止めて、飼主の方に振り向くようになります。
勿論、この瞬間を見逃さずにご褒美を与え、しっかり褒めてあげます。

この訓練を続けていると、犬はやがて、

「どうせ地面の食べ物には届かないが、振り向けばおやつがもらえるし褒めてもらえる」

という事を覚えます。
地面に落ちている物に対する関心が弱まる一方で、飼主と目が合えば嬉しい事が起こると理解するようになっていきます。

犬が完全に覚えたと思っても満足しないで、散歩のいろいろな場所で、いろいろな状況で、この訓練を繰返して下さい。

そして遂にリーダーウォークが起こる

この訓練を継続する事で、犬は路上の食べ物は「届かないもの=自分とは無関係」と理解し、匂いを嗅ぎながら飼主を引っぱって歩く事が無くなっていきます。
それと同時に、飼主と目を合わせれば嬉しい事が起こる事を覚え、飼主との距離を一定に保ちながら、頻繁に飼主の目を見るようになります。
これこそ、この記事で書いたリーダーウォークです。

拾い食い目的で飼主をグイグイ引っぱっていた犬から、飼主をリーダーと認め、飼主を見ながら散歩する事に喜びを感じる犬へ変身させる。

なんとも素晴らしい訓練じゃありませんか!

まとめ

拾い食いは犬の本能なので、単に叱ったり、咥(くわ)えた物を取り上げたりする事で止めさせる事はできません。

しかし路上には、犬にとって危険なものが落ちている可能性があり、食べてしまえば命にかかわる事さえあります。

その為、飼主が常に路上の物に気を配り、危険な物を拾い食いしてしまわないよう犬を守るのは当然の事として、犬にも根気良くしつけをして、拾い食いの癖を直す必要があります。

拾い食いの癖は、犬が野生動物であった頃からの本能によるものなので簡単には直せませんが、段階的に犬を訓練していく事で、次第に拾い食いへの興味を失わせていき、遂には、

「落ちている食べ物を探すよりも、飼主とアイコンタクトしていた方が幸せだ」

と思うようになります。

ぜひこの、飼主と愛犬との理想的な関係を手に入れて下さい。