猫との暮らし

猫の噛み癖を解決する方法とは?まずは噛む理由を探ってみよう

指に噛み付く猫

スキンシップして猫が喜んでいると思ったら、急に噛みついてきて、びっくりする事があります。

どうして、いきなり噛んでくるのか?
物を噛むのは、止めさせられるのか?
どうすれば噛み癖を解決できるのか?

この記事では、噛む理由をいくつかご紹介した上で、猫の噛み癖を解決する方法について解説していきます。

猫が人の手や物を噛む理由

猫は元々狩りをする動物なので、赤ちゃんの頃から周りのものに噛み付いて遊びます
母猫は多くの場合、同時に3匹以上の子猫を生むので、普通であれば子猫同士でじゃれて噛み合い、本気噛みと甘噛みの力の入れ具合を学ぶ機会があります。

でも、そうした時間も与えられずに母猫や兄弟猫から離されて育った猫は、力の入れ具合を知らないまま育つので、甘噛みの加減が判らない場合もあります。

また子猫は、生後半年くらいで乳歯から永久歯に生え変わるので、その間に歯が痒くて人の手や物を噛む事もあります。

遊んでいて急に噛んでくる場合は、遊びを忘れて噛んでしまう事もあれば、遊びに空きたり、何かに腹を立てたりした可能性があります。

子猫が可愛いので、飼主が手で子猫に噛みつかせて遊ぶ事が、その後に噛み癖として残る場合もあります。
私も、猫の爪と牙で手に無数の傷を作りながら子猫と遊び続けた記憶がありますが、今にして思えば飼主として駄目な行為でした。

猫の噛み癖を解決する方法

まず、私がやってしまったように、子猫が可愛いからといって、人の手に噛みつかせて子猫と遊んではいけません。
私が手を噛ませて遊んだ子猫は、幸い大人になるにつれて自然に噛まなくなっていきましたが、猫によっては噛み癖として残り、それをしつけ直すのに手を焼く場合も少なくないそうです。
猫に噛みつかせて遊ぶ場合は、噛んでも構わない猫用のおもちゃで遊ばせましょう。

自分の手を噛ませて遊ばせると、その時に手に出来る小さな傷から猫の口内細菌が侵入し思わぬ感染症に発展してしまう危険があります。
最悪、死ぬ場合もあるとの事ですから、絶対に止めましょう。

子猫が、歯が痒くて物を噛む場合も、おもちゃを噛むように仕向けて下さい。
どうしても噛んでほしくない物を噛む場合は、猫の嫌いな匂いのスプレーが販売されているので、それを吹き付けておきます。

人が誘った訳でもないのに飼猫に噛まれた場合は、噛み方の強弱に関わらず、鋭くはっきりと、猫を叱る

「シ~ッ!」

と声を出して、しっかり睨みつけます。

ちゃんと猫の目を見て、目でも叱って下さい。(叩いてはいけません。)
この「シー」という音は猫語でも怒りや威嚇を表しているので、睨みつけられた事と合わせて、猫も叱られた事を理解し易いのです。

まとめ

猫が何かを噛む事は自然な行為なので、普段から噛んでも構わないおもちゃを与えて下さい。
食事以外の物を噛む事自体を禁じてはいけません。

人に噛み付いてくる場合は、しっかり「シーッ!」と声で叱り、更に目を睨みつけて叱って下さい。

甘噛みされたからって、うっかり相好を崩したりせずに、毅然と叱って下さいね。