空母いぶき

『空母いぶき』の主な登場人物

ヘリ空母いずも

(空母「いぶき」の原型となったヘリ空母「いずも」。出典は海上自衛隊HP。)

役名(ふりがな)映画版の俳優

秋津竜太(あきつ りょうた)西島秀俊
コミック第一巻の初登場時は二等空佐、航空自衛隊のエース・パイロット。
米国ノーフォーク海軍基地での研修後に帰国し、海自に転属すると共に、自衛隊史上最年少で一等海佐に昇級し、空母いぶきの艦長となる。
パイロットから護衛艦艦長への抜擢も自衛隊初となるが、米国の空母艦長はパイロット出身者が選ばれるのが通例となっている事を重視した人事と考えられる。

新波歳也(にいなみ としや)佐々木蔵之介
米軍での研修で秋津と共に過ごす。
海上自衛隊二等海佐、「いぶき」航海長兼副長。

涌井継治(わくい けいじ)藤達也
コミック第一巻の初登場時は一等海佐、護衛艦「あたご」艦長。
後に海将補に昇格し、第5護衛隊群指令に着任。
空母いぶきは第5護衛隊群所属である為、秋津竜太、新波歳也の上官にあたる。

垂水慶一郎(たるみ けいいちろう)佐藤浩市
内閣総理大臣。中国人工作員による尖閣諸島上陸を目の当たりにし、自衛隊初となる軽空母の実現を推進した。
困難な事態となって苦しみつつも、自衛隊最高指揮官としての判断は常に的確。

一の瀬一(いちのせ はじめ)
東都新聞政治部記者。
左派メディアである。

沢崎勇作(さわざき ゆうさく)吉田栄作
外務省アジア大洋洲局課長。
慎重派ながら、先を読む能力に優れている。

沖田聡志(おきた さとし)
防衛省情報本部情報官。階級は二佐。
作戦展開中の中国軍の動きを分析する。

浦田鉄人(うらた てつと)工藤俊作
ミサイル搭載型護衛艦(DDG)「あたご」艦長。階級は一佐。
熱くなると関西弁に。

ミサイル搭載型護衛艦




(画像は海上自衛隊HPより引用)

滝隆信(たき たかのぶ)高嶋政宏
潜水艦「けんりゅう」艦長。階級は一佐。敵の魚雷を無力化する神業的操艦を見せるが、防衛の為のやむを得ない戦闘と、戦争回避の為の攻撃自重の間で苦しむ。

加瀬利男(かせ としお)
潜水艦「せとしお」艦長。階級は一佐。敵潜水艦と意図的に接触させて攻撃力を奪い、戦闘を極力回避しつつ、海自の操艦技術の高さを見せつけた。

深掘進(ふかぼり すすむ)
先島諸島奪還作戦における特殊作戦群副群長。階級は二佐。

海老名洋子(えびな ようこ)
第4護衛隊群より編入された護衛艦「あまぎり」艦長。階級は一佐。

劉長龍(リォウ・チャンロン)
「広東」艦長。階級は大校。
「いぶき」と全面対決する。
(これ以上はネタバレが過ぎるので書けません。)

元のページに戻る