潜在意識

潜在意識の想念実現装置としての機能

想念

前回までの記事で、潜在意識には巨大な記憶装置としての機能と、自動運転装置の機能が備わっている事をご説明しました。
それらだけでも十分凄い能力と言えるのですが、更にもっと凄い驚きの機能も備えています。

顕在意識が望んだ事を、この世界に実現してしまう「想念実現装置」としての機能です。

立ち上がろうと思うだけで「立ち上がる」という複雑な姿勢変化を完成させたり、ピアノを弾こうと思うだけで、例えばショパンの難曲を弾きこなせたりと、自分の肉体を動かして想念を実現させる機能については既にご説明しましたが、潜在意識の三番目の機能は、自分の肉体の外側、つまり現実世界まで想念の思い描いた通りに変えてしまう能力だと言うのです。
俄かには信じがたい事ですが、どうやら真実のようです・・・

潜在意識の第三の機能は「想念実現装置」

想念とは、「信念」だったり、「観念」だったり、「暗示」と呼ばれたりもします。

あなたの顕在意識が常日頃思っている事やイメージしている事が潜在意識のレベルに根付くと、それはあなたの潜在意識にとっては既に「現実」であり、もしそれがまだ実現していない事であれば、実現に向けて潜在意識が強力に働き始めると言うのです。

ナポレオンヒル「思考は現実化する」有名なナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」は、この潜在意識の第三の機能を紹介したものに他なりません。

「思考は実現する」というのは、単なるヒルさんの思いつきではなくて、

500人の成功者を20年間追跡調査した結果

であるという点で、簡単には否定できない重みを感じます。
書店に並んでいる「成功法」に関する書籍の、少なくとも半数以上が、この潜在意識の3番目の機能の利用方法に関する内容となっています。

「何でも思うだけで実現する」というほど甘くないが?

ただし「何でも、思うだけで実現するのか?」と言うと、そういう場合もきっと有るのでしょうけれども、本ブログでは「それだけでは足りない」という立場をとります。
有名なものだけでも、

  • マーフィーの法則
  • シルバ・メソッド
  • 謝 世輝氏の著書
  • 引き寄せの法則

等々、むしろ既にご存じない方の方が少ないと思われます。 
私も、数十年前から知ってはいたのですが、イマイチ、実現性には乏しいというのが実感です。
でもそれは、顕在意識潜在意識とを協調させるレベルに至るのが難しいのであって「思考は現実化する」という事が虚構だと考えている訳ではありません。
じゃあ、何を足せば実現するのか?という事については、今後の記事にて詳しく解説します。

思考は現実化する」という事を文字通り読んで、魔法か何かのように非現実的な事として誤解する人も多いと思います。
が、これは魔法でも何でもありません。
顕在意識で強く「思考」した事は、潜在意識では「目的」となります。

そして目的を実現する事こそ、潜在意識の役割そのもだからです。

この記事で解説してきた、

  • 顕在意識が思い出そうとするだけで思い出せるのは、潜在意識の働いた結果である。つまり「~を思い出そう」「~を思い出したい」と発想するのは顕在意識だが、それを実現させるのは潜在意識の働きである。
  • 生命体としての自身の肉体や精神の健康を維持・管理したいと思うのは顕在意識の自然な発想であるが、それを実現し、維持しているのは潜在意識である。
  • 顕在意識が行おうとした肉体的動作や機械の操作の殆どを潜在意識が代行しているから、動作がスムーズに行える。顕在意識だけでこれを行うと、非常にぎこちないレベルに留まってしまう。
  • 生活環境を変えるのは顕在意識がそう発想した事に起因するが、そこでの生存に適するように、肉体の様々な部位を作り替えるのは、潜在意識である。
  • ウイルス等の肉体内への侵入を受ければ、二重三重の免疫機能が発動され、侵入者を排除し、身体の健康を守る事ができるのは、潜在意識が無意識的レベルで免疫機能の総司令部として必要な時に必要なだけ働いているからである。

等々、潜在意識には未完の事柄を実現させる能力がある事を示しています。

では、どうやって自分の肉体の外側にある現実世界まで変える事ができるのでしょうか?

顕在意識から潜在意識に働きかけるには、少しコツが必要になる。

仮にあなたが、「自分は1年後には、月収100万円以上を得る!」と心の底から確信できたとすると、潜在意識はそれを実現する為に、あらゆる方向にアンテナを張り巡らせて関連する情報を検索し、その中からあなたが「月100万円以上稼げる人」になるのに役立つ情報を蓄積したり、稼げる人が知っているべき事、気づくべき事をあなたの顕在意識に知らせたり気づかせたりし、ある日、気が付けば、既にあなたが「月100万円以上稼げる人」になっているように仕向けるのが潜在意識の「想念実現装置」のカラクリなのです。

潜在意識は、あなたが寝ていても、覚めていても、何をしていても、あなたの顕在意識の十倍のパワーで1年365日、1日24時間活動し続けるのですから、全く侮(あなど)れません。
でも、もしあなたが「自分は1年後には、月収100万円以上を得る!」と心から願っているとしても、その心の底では「実は、無理っぽい」とか「月20万円程度が妥当な収入だ!」な~んてネガティブな感情を本音の部分で強く持っていれば、それらネガティブな事の方を潜在意識が受け取って、そちらを実現してしまう可能性もある訳です。
潜在意識を味方につけて人生の壁を突き破っていく上で、この問題をどうクリアするかが非常に重要になります。
この点についても、今後の記事でしっかり解説していきますので、ぜひご一読下さい。

ここまでのまとめ

ここまでで、潜在意識の3つの機能についてご紹介してきました。
解説の便宜上、潜在意識の機能を3つに分類しましたが、実際にはそれぞれが渾然一体となって働いているものである事をご了解下さい。

  • には、顕在意識潜在意識の2種類がある。
  • 潜在意識とは、記憶の入出力自動運転恒常性維持想念の実現等が混然と機能している、超巨大、且つ複雑な装置である。
  • 潜在意識のパワーは、顕在意識を遥かに凌駕するものである。
  • 潜在意識も、顕在意識と同様に、あなた自身の大切な部分であり、であり、最強の協力者である。