潜在意識

潜在意識を味方に付ける願望達成への取組み方

願望達成の取組

あらゆるプロが、その仕事の殆どを「自動運転」のレベルに落とし込んでいるように、あなたも自分で選んだ「仕事・稼ぎ方」が、殆ど自動的なレベルでできるようになるまで、訓練していく必要がある事を理解して下さい。

仕事が自動運転のレベルに達すると、その多くは潜在意識によってコントロールされている事を意味し、それはつまり潜在意識が願望達成に向けて働いている事を意味します。
なんと心強い事でしょうか?

自動化を手に入れるには繰り返しあるのみ

自動化を、どうすれば達成できるのか、あれこれ悩む必要はありません。
繰り返す事」、ただそれだけです。

何を繰り返すかをもう少し具体的に書くと

「今できる小さな事を、コツコツと繰り返し続ける」

になります。
この部分は、顕在意識が願望に向けて少しづつでも前進し続ける事を指し、それが繰り返される事で潜在意識により自動化されていきます。
こうした地道な蓄積が、ある日を境に目に見える進歩に変わり、成功へのプロセスの階段を一段上がる事になります。

上記の顕在意識潜在意識の地道な共同作業の積重ねにより、階段を何段も登った結果として、遂には願望達成に到達できるのです。

ただし、うまくいった時にも、思ったようにうまくいかなかった時にも、その理由を考え、その次はもっとうまくできるように、頭を使って続けていって下さい。

ただ頭も使わず、量や回数だけを目標に作業しても、無駄が多くなってしまいます。
他人よりも、早く、大きな成果を手にしたければ、コツコツ作業を続けると同時に、

頭を使う事を怠けてはいけません。

頭を使う事も、継続により改善され、次ぎなる水準の自動化に繋がっていきます。

意識を集中して繰り返せば、いつのまにかそれは「自動化」されます。
あなたは、今までにも無数の「自動化」を成し遂げてきているのです。
あなたが選んだビジネスにおいても、頑張って継続さえできれば、きっと達成できます。

ビジネスで成功する2つの鍵

あなたが成功したいと願うビジネスは、下記の2つの鍵が揃っている必要があります。

(A )既に成功者を輩出している、再現性のあるノウハウに取り組んでいる事
(B )学んだノウハウを実践し続ける事で、苦も無く実践できるレベルに到達する事(=「継続」により生まれる「自動化」)

(A )は、自分の趣味とか、やりたい事に固執するのではなく、「頑張れば、自分にもできる!」と確信して取り組めて、且つ、既に実績のあるビジネスを選ぶ必要があるという事です。

誰もやった事がない、あなた独自のビジネスで成功できるなら、それは勿論素晴らしい事に間違いありませんが、失敗に終わる可能性も高くなります。

何度も繰り返し失敗しても、めげずに頑張り続けられるならそれでも結構ですが、高い確率で成功したいなら、既に成功事例のあるビジネスを選び、それを自分なりに再現してみるのが成功率を高くするコツになります。(一般にモデリングと呼ばれています。)

最高のモデルにこだわる必要は無い

モデリングの候補は無数にあり、優位性も様々です。
でも、「最高」の優位性を見つける必要はありません。
そんなものを求める「完璧主義」は、墓穴を掘る行為です。 
そこそこ」のレベルでも、結構使えるのです。
なぜなら、それには実績があるからです。

あなたがその方法を使い続ける事で(=「自動化」が進む事で)、必ずビジネススキルのレベルはアップし続けていきます。
但し(B )の継続の重要性を理解できていなければ、(A )は有って無いも同然です。

「継続」が成功の鍵の一つである事を忘れない

(B )は、その必要性を予め意識できている人は少なく、関心すら持てない要素です。
だから、途中で飽きて、投げ出してしまうのです。
辛くても頑張り、継続しなければならないのは当然の事として、予め覚悟して取り組んで下さい。

実行する前から「無理っぽい」なんて心配しないで、最初はまず自分の

「新しいビジネスによる感情の変化を観察する事」

意識を集中して下さい。
ただ、感情に呑みこまれない為に、感情の観察者になるのです。

観察を続けていけば、最初は難しく困難に思えた事でも、次第に負荷が減少し、どんどん「お決まりの作業」になっていく事が実感できるはずです。
これが(B )の自動化が進んでいるという事です。

まとめ

自分が成功したいと思って頑張っている仕事が、継続に伴って次第に自動化が進んでいくという事は、あなたの潜在意識も、あなたの願望に寄り添い、共に歩みつつある事を意味しています。
新しい願望に取り組むというのは、なかなか潜在意識の協力を得るのが難しいものですが、

どんどん仕事が楽になっていく

という感覚が得られたなら「そのビジネスは順調だ」という事です。