潜在意識

「潜在意識を書き換える」の意味とは?

潜在意識の書換

潜在意識に関する事をいろいろ検索してると、

潜在意識の書き換え方

みたいな事を主題としたサイトや書籍が沢山ある事に気がつきます。
潜在意識を書き換えるというのは、どういう意味なのでしょうか?

以下、まとめてみました。

潜在意識の記憶を書き換える事は、原則できない

あなたの潜在意識に保存されている過去の記憶は、あなたの人格も含めた個人情報の原本であり、いかに願望達成の為とはいえ、安易に内容を書き換えて良い類いのものではありませんし、また簡単にできる事でもありません。

SF小説等では、記憶の書換えをモチーフに、男女が入れ替わったり、人格がコロコロ変わったりして読者を楽しませてくれますが「めったには起こらない架空のストリー」だからこそ面白いのであって、人が簡単に自分の記憶を書き換えられるようになったら、人間社会は大混乱に陥ってしまうでしょう。

なぜ「潜在意識の書き換え」を謳ったサイトが沢山あるのか?

それは、

人が願望を達成できないのは、潜在意識のネガティブなパワーが災いしたからだ

との思考に基づいている事が原因ではないかと考えられます。

そのネガティブな部分をポジティブに書換えてしまえば、問題解決じゃないか!

という訳です。

でもそれは「誤解」である可能性もかなりあるのではないかと考えます。

潜在意識の膨大な記憶は、意識を通して蓄積された事実の積重ねです。これを意図的に書き換えてしまえば、何が真実で何が虚偽であるか、自分でさえも判断ができなくなり、正常な精神活動を維持できなくなる恐れがあります。
まさに「SFのネタ」程度にしておくのが望ましいと思われます。

確かに、沢山失敗してきた事実を捻じ曲げて、全て成功してきたものとして記憶を書換えられれば、強気で生きていく事が可能になりそうな気もします。
でもそうした手法が一般的なものとして広く認知されるようになった世界を想像してみれば、まさに社会全体が精神分裂状態に陥ってしまっているとしても、不思議はありません。

もし潜在意識の書き換えが起これば大混乱に陥る

潜在意識とは、顕在意識の想念を実現したり、世界中の名医が束になっても敵わない医学的な英知を備えている等、まだまだ人間の理解を超えた巨大、且つ謎に満ちた存在です。
それを何か素人でもできそうな簡単なテクニックを使って、部分的にであれ書き換えてしまうというのは(仮に可能であれば)、想定外のリスクを背負ってしまう危険性に満ちています。

修正する

実際に、いくつか潜在意識書き換える方法を提案しているサイトや動画を見てみましたが、私の見た限りでは、潜在意識ではなく、従来の行動様式を変化させる事を提案しているものばかりでした。

今までの行動様式を変えるという事は、もしそれを継続すれば習慣を変える事に繋がり、潜在意識によって自動化されていた部分に新風を吹き込む効果が期待できるのかも知れません。
でも「潜在意識を書き換える」と称して、実際には習慣化していた行動パターンを意識的に変えてみる事を提案するというのは、少なくとも私には少し期待外れな感じがしました。

もし本当に「潜在意識を書き換える方法」を紹介しているサイトや動画を発見されましたら、ぜひコメント等で教えて下さい。
私もそれを拝見させて頂いて、内容を吟味させて頂きたいと思います。

次回の記事では、潜在意識を使って願望を実現していく、最有力な方法をご紹介致します。